無料ブログはココログ

« 「被爆被害の現状を見よ」原爆投下から69年、広島から平和憲法と核兵器廃絶への訴え/ルモンド紙(8月6日) | トップページ | イギリスで原発が故障、4基が停止/ルモンド紙(8月14日) »

2014年8月 9日 (土)

原爆投下から69年:長崎から「戦争しない国」への誓い再び/コルス・マタン(8月9日)

台風の接近により強い風が吹きすさぶ長崎市で今日、被爆者を含む数万人が参列し、原爆投下から69年目を記す平和祈念式典が開かれた。

日本時間の11時2分(世界標準時の午前2時2分)、市内の鐘々が鳴り響き、米軍戦闘機が「太った男」(fat man)という名のプルトニウム爆弾でこの町を火の玉に変えたその瞬間が、再び歴史の中に刻まれた。広島への原爆投下から3日後のこの日、原子爆弾によって7万人の人が命を失った。

式典には高齢の被爆者とその家族、安倍晋三総理大臣、ケネディー・キャロライン米国大使らが出席。田上富久・長崎市長は平和宣言の中で、

「日本憲法に込められた『戦争をしない』という誓いは、被爆国日本の原点であるとともに、被爆地長崎の原点でもあります。(略)その平和の原点がいま揺らいでいるのではないか、という不安と懸念が、急ぐ議論の中で生まれています。日本政府にはこの不安と懸念の声に、真摯に向き合い、耳を傾けることを強く求めます。」

と述べ、先月日本で閣議決定が行われた集団自衛権(軍隊が他国防衛を目的に戦闘に参加することを認めるもの)の承認は平和主義に反するものであるとして見直しを求めた。

米国は原子爆弾の使用について過去一度も日本国民に謝罪しておらず、米国大統領はこれまで広島・長崎のどちらの町にも公式訪問を行ってない。外交公電よりリークされた情報によれば、2009年にオバマ大統領が広島を公式訪問し謝罪を行うことを提案したが、当時の日本政府に拒否された経緯がある。

(抜粋、一部編集)

● 元の記事:「長崎で原爆投下から69年目を記す平和祈念式典」/コルス・マタン(8月9日)
(« Nagasaki marque le 69e anniversaire de la bombe atomique », Le Corse Matin, 2014.08.09)
http://www.corsematin.com/article/monde/nagasaki-marque-le-69e-anniversaire-de-la-bombe-atomique.1479584.html

« 「被爆被害の現状を見よ」原爆投下から69年、広島から平和憲法と核兵器廃絶への訴え/ルモンド紙(8月6日) | トップページ | イギリスで原発が故障、4基が停止/ルモンド紙(8月14日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「被爆被害の現状を見よ」原爆投下から69年、広島から平和憲法と核兵器廃絶への訴え/ルモンド紙(8月6日) | トップページ | イギリスで原発が故障、4基が停止/ルモンド紙(8月14日) »