無料ブログはココログ

« 1万6千人の市民、日本政府による原発再稼働に抗議/ロマンディ・ニュース(9月23日) | トップページ | フランスの新エネルギー転換政策、ドイツに及ばず?/ルモンド紙(10月1日) »

2014年9月30日 (火)

美浜原発:日本の老朽化原発・対策へのテストケース/ジャパン・タイムス(9月21日)

日本国内では多くの原発で急速な老朽化が進んでおり、使用年限である40年に近づいている。ちょうど事故を起こした福島第一原発と同じように。こうした中、関西電力は、1970年と1972年に運転を開始した美浜原発第1号機及び第2号機(福井県)の廃炉を検討し始めた。美浜原発への対応は、今後の日本国内における老朽化原発への対応に向けた一つのテストケースと注目されている。

福島原発事故を境に、老朽化した原発には以前より厳しい安全規準の適用を受けることが義務づけられ、古い原発を使い続けることは電力会社にとって巨額の支出を意味するようになった。美浜原発第1号機及び第2号機の二つの原子炉は比較的規模が小さく、最近の原子炉では一つで100万キロワット以上の発電が可能であるにも関わらず、二つ合わせても84万キロワットの発電量にとどまっている。そして更に40年を超えて原子炉を運転し続ければ非常に高価な代償(推定数千億円規模※)が必要になると見られている。他方、廃炉に踏み切った場合にも少なくとも500億円が必要になる。ただし、これは全てが予定どおりに行った場合の見積額に過ぎない。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「日本の老朽化した原発対策へのテストケースと見なされる美浜原発」
« Mihama viewed as test case for Japan’s aging nuclear reactors”, The Japan Times, 2014.09.21
http://www.japantimes.co.jp/news/2014/09/21/national/politics-diplomacy/mihama-viewed-as-test-case-for-japans-aging-nuclear-reactors/#.VCJo6BbivKc

※ 産経ニュースWest (参考)
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/140919/wec14091923340004-n1.htm

« 1万6千人の市民、日本政府による原発再稼働に抗議/ロマンディ・ニュース(9月23日) | トップページ | フランスの新エネルギー転換政策、ドイツに及ばず?/ルモンド紙(10月1日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1万6千人の市民、日本政府による原発再稼働に抗議/ロマンディ・ニュース(9月23日) | トップページ | フランスの新エネルギー転換政策、ドイツに及ばず?/ルモンド紙(10月1日) »