無料ブログはココログ

« サイエンス誌が主張する「癌は偶然の産物」という嘘: 発がん性物質に汚染された環境で働く労働者が癌にかかる確率は、会社幹部の10倍/ルモンド紙(1月7日) | トップページ | 原発推進派ロワイヤル環境大臣の矛盾発言:オランド大統領の公約を無視し「新規建設が必要」―緑の党は反発/カナール・アンシェネ(1月21日) »

2015年1月19日 (月)

ウクライナ:欧州最大の原発密集地域、崩壊の危機/ルモンド紙(12月5日)

停戦協定にも関わらず、ウクライナ東部での戦闘はこの1月に入っても続いている。15基の原発を抱えるウクライナにとって、ロシアとの戦闘は原発崩壊の危機を倍増させるものだ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

事故の公式発表は遅れて実施された。ウクライナのアルセニー・ヤツェニュク首相は12月3日、11月28日(金)に起きた欧州最大規模の原子力発電所ザポリジア原発(ウクライナ南東部、原子炉6基を設置)における電気系統のショート事故について「危険は全く無い」と述べた。

1986年4月に起きた世界最大の原発事故、チェルノブイリ原発事故で4基の原子炉が永久停止となった後も、ウクライナ国内では4つの原子力施設/15基の原発が稼働中であり、国内の約半分の電力をまかなっている。

ロシアと戦火を交えるウクライナでは、現在原子力施設が二つの深刻な危機に見舞われている。ちょっとした電気供給路の切断であっても、原子炉の冷却装置は停止され福島で起きたのと同じ深刻な原発事故につながりかねない。戦闘はこうした危険を大きく増加させた。それだけではない。老朽化したこれらの原発はロシア製であり、スペアパーツはロシアから輸入されていた。ロシアとの関係が悪化した現在、消耗したスペアパーツの更新は困難になっている。

ウクライナで原発事故が起きれば、チェルノブイリ事故の時同様、ヨーロッパ全体が汚染にさらされかねない。戦争状態にあるウクライナの原発は今危機を迎えている。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「ウクライナにおける原発安全性に対する不安」/ルモンド紙(12月5日)
(« Inquiétudes sur la sûreté nucléaire en Ukraine », Le Monde, 2014.12.05)

注)上記の訳は紙面に発表された当初版に基づいています。ウエブサイト上の記事はアップデートされたものであり若干異なりますので御了承ください。

http://www.lemonde.fr/planete/article/2014/12/03/l-ukraine-une-puissance-nucleaire-a-haut-risque_4533592_3244.html

« サイエンス誌が主張する「癌は偶然の産物」という嘘: 発がん性物質に汚染された環境で働く労働者が癌にかかる確率は、会社幹部の10倍/ルモンド紙(1月7日) | トップページ | 原発推進派ロワイヤル環境大臣の矛盾発言:オランド大統領の公約を無視し「新規建設が必要」―緑の党は反発/カナール・アンシェネ(1月21日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サイエンス誌が主張する「癌は偶然の産物」という嘘: 発がん性物質に汚染された環境で働く労働者が癌にかかる確率は、会社幹部の10倍/ルモンド紙(1月7日) | トップページ | 原発推進派ロワイヤル環境大臣の矛盾発言:オランド大統領の公約を無視し「新規建設が必要」―緑の党は反発/カナール・アンシェネ(1月21日) »