無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月19日 (月)

ウクライナ:欧州最大の原発密集地域、崩壊の危機/ルモンド紙(12月5日)

停戦協定にも関わらず、ウクライナ東部での戦闘はこの1月に入っても続いている。15基の原発を抱えるウクライナにとって、ロシアとの戦闘は原発崩壊の危機を倍増させるものだ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

事故の公式発表は遅れて実施された。ウクライナのアルセニー・ヤツェニュク首相は12月3日、11月28日(金)に起きた欧州最大規模の原子力発電所ザポリジア原発(ウクライナ南東部、原子炉6基を設置)における電気系統のショート事故について「危険は全く無い」と述べた。

1986年4月に起きた世界最大の原発事故、チェルノブイリ原発事故で4基の原子炉が永久停止となった後も、ウクライナ国内では4つの原子力施設/15基の原発が稼働中であり、国内の約半分の電力をまかなっている。

ロシアと戦火を交えるウクライナでは、現在原子力施設が二つの深刻な危機に見舞われている。ちょっとした電気供給路の切断であっても、原子炉の冷却装置は停止され福島で起きたのと同じ深刻な原発事故につながりかねない。戦闘はこうした危険を大きく増加させた。それだけではない。老朽化したこれらの原発はロシア製であり、スペアパーツはロシアから輸入されていた。ロシアとの関係が悪化した現在、消耗したスペアパーツの更新は困難になっている。

ウクライナで原発事故が起きれば、チェルノブイリ事故の時同様、ヨーロッパ全体が汚染にさらされかねない。戦争状態にあるウクライナの原発は今危機を迎えている。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「ウクライナにおける原発安全性に対する不安」/ルモンド紙(12月5日)
(« Inquiétudes sur la sûreté nucléaire en Ukraine », Le Monde, 2014.12.05)

注)上記の訳は紙面に発表された当初版に基づいています。ウエブサイト上の記事はアップデートされたものであり若干異なりますので御了承ください。

http://www.lemonde.fr/planete/article/2014/12/03/l-ukraine-une-puissance-nucleaire-a-haut-risque_4533592_3244.html

2015年1月 8日 (木)

サイエンス誌が主張する「癌は偶然の産物」という嘘: 発がん性物質に汚染された環境で働く労働者が癌にかかる確率は、会社幹部の10倍/ルモンド紙(1月7日)

新年あけましておめでとうございます。
マイペースですが、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

1月7日にパリで起きた新聞社シャルリー・エブド社本部への襲撃事件につきましては、日々のニュースに目を通す市民の一人として一日も早い解決を望んでおります。時に読者を驚かせ笑わせ、権力者を怒らせる風刺漫画を発信の柱とする同社は、政治家、宗教指導者にかかわらず権威者への皮肉という武器で自由な意見表明に貢献してきました(反イスラム教ではなく、宗教的な中立を掲げています)。昨夜フランス全土で「表現の自由を守れ」「民主主義を守れ」との声を上げて街頭に繰り出した10万人以上の市民とともに、一部の犯罪者をイスラム教徒と同一視するという誤りを犯すことなく、言論を力で封じる暴力への抗議の声に賛意を示したいと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

著名な科学雑誌「サイエンス」誌が現在進めている「癌になるのは偶然」という研究に、原発、石綿、化学物質、殺虫剤、石油などの癌を引き起こす有害物質を放出する産業の関係者は微笑んでいることだろう。この「科学的発見」によって、自らの事業のせいで人々が癌になる危険性についての論争に幕を下ろすことができるのだから。社会科学高等研究院のアニー・テボード・モニ教授(社会学、保健医療)は権威ある科学雑誌に掲載された論文がはらむ詭弁を指摘する。フランスでは大多数の人が発癌性物質にさらされることによって癌になっている。そして、労働者は上級幹部の10倍の高確率で癌にかかるという現実がある。

事の初めは、1月2日にサイエンス誌に掲載されたクリスチャン・トマセッティとベール・ボジェルスタインによる論文である。自ら変化する幹細胞に関する研究で、癌になるのは偶然の確率に寄るもの、と主張している。しかし劣悪な環境で働き癌になった労働者は、癌になる確率がずっと低いホワイトカラーのエクゼキュティブに比べて偶然にも癌になりやすい細胞を持っていたのだろうか?現実には、人々の生活や労働を取り巻く社会環境や汚染についても考慮する必要がある。


●クリスチャン・トマセッティとベール・ボジェルスタインによる論文(英語です)
Christian Tomasetti & Bert Vogelstein
「Variation in cancer risk among tissues can be explained by the number of stem cell divisions」
http://www.sciencemag.org/content/347/6217/78


統計データの解釈に際しては、社会科学高等研究院のジョゼフ・クラッツマンが言うように、1950年から1990年の間に冷蔵庫を使う人が増えたからと行って、同じ時期に起きた発癌率の増加とは何の関係も無い。平行して数値が増えていたからと言って、二つの数値の間には何の因果関係も無い。冷蔵庫を使ったから癌になった、とは言えないのである。あなたはこの例を見て「馬鹿げている」「ひっかかる訳が無い」と笑うかもしれない。しかし、科学雑誌に載っている論文で同じ議論が行われると、いとも簡単に騙されてしまう。

サイエンス誌に掲載された記事も同様である。細胞が癌化するには、石綿や放射線、ディーゼル車の排ガス、殺虫剤などの発癌物質にさらされることが条件となるが、同誌はこの点に触れず発癌物質の役割を無視している。また、トマセッティ氏らの調査は民間企業からの助成金で実施されている。資金提供の筆頭に立つバージニア・DKルードビッヒ財団は石油を運ぶ大型タンカーの使用やアマゾン流域での原生林の伐採で利益を上げており、儲かりそうな癌の研究に関心を持つ一方、貧しい人を含めた全ての人のための公衆衛生には関連が無い研究に予算を費やしている。メディアが大きく取り上げる論文、著名誌に掲載される論文であっても、読者は十分な吟味が必要だ。

(抜粋、一部編集)

元の記事:「いいえ、癌は偶然の産物ではありません!」/ルモンド紙(1月7日)

« Non, le cancer n’est pas le fruit du hasard ! », Le Monde, 2015.01.07
http://www.lemonde.fr/idees/article/2015/01/07/non-le-cancer-n-est-pas-le-fruit-du-hasard_4550613_3232.html

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »