無料ブログはココログ

« 太陽光飛行機「ソーラー・インパルス2」、モナコ王国から世界一周の旅へ:「ガソリン・ゼロ、汚染ゼロ」/ルモンド紙(3月9日) | トップページ | 戻らない故郷、福島―原発避難民の苦しみ続く/BBCグローバル・ニュース(3月11日15時) »

2015年3月11日 (水)

福島―終わらない除染の日々/ルモンド紙(3月11日)

1.「非常に困難」な状況

フクシマの大惨事から4年の月日が流れた。しかし東京電力は太平洋に注ぎ続ける放射性の汚染水を止める事ができないでいる。

「福島原発事故の収拾作業についてはこれまで多くの前進があった。状況は改善した。しかし現場は今も非常な困難を極めている。」

2月半ばに福島原発事故の現場を視察したIAEA(国際原子力機関)の関係者はこう述べた。フランス放射線防護・原子力安全研究所(IRSN)のティエリー・シャールも同様の見方を示している。

「事故現場は巨大です。そして最も困難な部分には、まだ手がついていません。」

福島第一原発の事故現場では今日6千人以上の作業員が交代で作業にあたっている。


2.汚染水の「ざる」

福島原発の事業責任者である東京電力は汚染水への対応に追われている。破壊された原発は汚染水を垂れ流す「ざる」と化した。毎日650トンもの放射性汚染水が発生し、汲み出しと汚染の除去を待っている。貯蔵されている汚染水は既に60万トンにのぼる。東京電力が貯蔵できるのは80万トンに過ぎない。2月末、海に注ぐ排水溝では通常計測されている値の70倍にも上る高濃度の放射能汚染水が発見された。IAEAは最終的に汚染水を海へと放出するしか無いだろうと見込んでいる。しかし地元の漁業関係者や環境保護団体は強く反対している。


3.「汚染魚」と漁業への被害

福島第一の周囲半径20キロの範囲には放射能汚染が海中の堆積物1キロあたり5千ベクレルにものぼる危険なホットスポットが存在している。特にカレイ、あなご、ホウボウ、エイといった海底に住む生物への汚染が著しい。2014年8月、福島港の近隣で東京電力が捕まえた魚の中には一キロあたり32,500ベクレルもの汚染が計測された。漁業は禁止されたままだ。

IAEAですら福島第一を「福島以外の場所ではまだ全く経験したことのない非常に深刻な問題に直面している」と指摘している。

(抜粋、一部編集)

● 元の記事「福島―終わらない除染」/ルモンド紙(3月11日)
(A Fukushima, l’interminable décontamination », Le Monde, 2015.03.11)
http://www.lemonde.fr/planete/article/2015/03/10/a-fukushima-l-interminable-decontamination_4590677_3244.html

« 太陽光飛行機「ソーラー・インパルス2」、モナコ王国から世界一周の旅へ:「ガソリン・ゼロ、汚染ゼロ」/ルモンド紙(3月9日) | トップページ | 戻らない故郷、福島―原発避難民の苦しみ続く/BBCグローバル・ニュース(3月11日15時) »

コメント

フランスねこさん、いつもありがとうございます!
また転載させていただきました。
http://www51.atwiki.jp/omotochikatatsuya/pages/112.html
もう4年、いやまだ4年でしょうか・・・
これからもよろしくお願いします。

大本さん
いつもありがとうございます。
お返事が遅くなって申し訳ありませんでした。
本当に、月日が流れるのは早いですね。これからもマイペースで続けて行きたいと思います。何卒宜しくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 太陽光飛行機「ソーラー・インパルス2」、モナコ王国から世界一周の旅へ:「ガソリン・ゼロ、汚染ゼロ」/ルモンド紙(3月9日) | トップページ | 戻らない故郷、福島―原発避難民の苦しみ続く/BBCグローバル・ニュース(3月11日15時) »