無料ブログはココログ

« 眠りに落ちた村:旧ソ連のウラン鉱跡で広がる謎の「眠り病」/英ガーディアン紙(3月18日) | トップページ | フランス政府が隠す「不都合な真実」:「100%自然エネルギーでも原子力発電より安価」/ルモンド紙(4月9日) »

2015年3月31日 (火)

台湾の大手スーパーで福島周辺地域からの産地偽装食品が蔓延/台湾info(3月26日)

台湾で、福島原発事故発生以来輸入が禁止されている福島周辺地域の食品が不法に出回っていることが確認された。

福島原発事故の発生を受け、台湾では2011年3月30日以降、福島県、茨城県、群馬県、栃木県、千葉県からの食品の輸入が禁止された。しかし政府の調査によると、Aマート、ウエルカム、シンコン三越等の一部の大型スーパーの食品棚にこれらの産地からの食品が産地を偽る形で販売されているのが確認された。該当する偽装食品には、しょうゆ、和菓子、インスタントヌードル、和風調味料が含まれる。パッケージに記載された産地名の上から、別の産地名を記載したシールが貼られていた。厚生省のチャン・ビーン・フアン大臣は今回明るみになった偽装事件の責任者を追及する調査を開始したことを表明。台湾ではこうした偽装は3万~300万台湾ドル(約11万5千円〜1150万円)の罰金を科されることと定められている。

厚生省大臣によると、日本政府は2011年以降、日本産の食品は安全であるとして、台湾に対し食品への輸入規制を撤廃することを要求している。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「台湾で不法に販売される日本食品」/台湾info(3月26日)
« Des denrées japonaises illégalement commercialisées à Taiwan », Taïwan Info
http://taiwaninfo.nat.gov.tw/ct.asp?xItem=228725&ctNode=1999&mp=4

« 眠りに落ちた村:旧ソ連のウラン鉱跡で広がる謎の「眠り病」/英ガーディアン紙(3月18日) | トップページ | フランス政府が隠す「不都合な真実」:「100%自然エネルギーでも原子力発電より安価」/ルモンド紙(4月9日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 眠りに落ちた村:旧ソ連のウラン鉱跡で広がる謎の「眠り病」/英ガーディアン紙(3月18日) | トップページ | フランス政府が隠す「不都合な真実」:「100%自然エネルギーでも原子力発電より安価」/ルモンド紙(4月9日) »