無料ブログはココログ

« アレバ社からニジェール大統領(元アレバ幹部)へ飛行機の贈り物/フランス原子力監視団(3月9日) | トップページ | ソーラー飛行機「インパルス2」、名古屋に着陸/ルモンド紙(6月3日)、BBC(6月2日) »

2015年5月22日 (金)

崩壊するアレバ社:フランス政府、解体案に着手/ルモンド紙(5月20日)

フランス原子力業界を代表するアレバ社(注:仏政府が株の87%を所有)は2014年度に48億ユーロ(約6500億円)もの巨大損失を計上。解体に向けた協議が一気に加速している。

巨大赤字の背景には、ドイツで8基、日本で50基の原子炉が停止するなど、原子力への需要が大きく低下していることに加え、原子力発電の原料となるウラン価格が1ポンド(約450グラム)40ドル(約7500円)まで低下している現状がある。

アレバ社の経営立て直しに向け、フランス政府と産業界は同社の分割・買収案の検討に入った。フランス最大の電力会社、フランス電力公社(EDF)はアレバ社の原子炉製造・維持管理部門の買収に強い関心を表明。アレバ社は分社に抵抗を示しているが、フランス政府の幹部らは6月3日、同社の将来について協議を行う予定。

(抜粋、一部編集)

● 元の記事:「アレバ社の解体が進行中」/ルモンド紙(5月20日)
« Le démantèlement d’Areva est en marche », Le Monde, 2015.05.20

« アレバ社からニジェール大統領(元アレバ幹部)へ飛行機の贈り物/フランス原子力監視団(3月9日) | トップページ | ソーラー飛行機「インパルス2」、名古屋に着陸/ルモンド紙(6月3日)、BBC(6月2日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アレバ社からニジェール大統領(元アレバ幹部)へ飛行機の贈り物/フランス原子力監視団(3月9日) | トップページ | ソーラー飛行機「インパルス2」、名古屋に着陸/ルモンド紙(6月3日)、BBC(6月2日) »