無料ブログはココログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年6月

2015年6月26日 (金)

超監視社会を生きる:アメリカ人アーチストが提案する「新しい顔」/ルモンド・ブログ(4月22日)

原発デモをビデオやカメラで監視する動きがあります。シカゴより新しい対抗策の提案です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

レオナルド・セルヴァッジオは全米でも最も多い2万5千個もの監視カメラが監視するシカゴの町に住んでいる。これらのカメラは常時この町の住民の顔や服装などの外見データ、及び一挙一足を監視し記録し続けている。


<参考1: 何が記録されるのか>
町の監視カメラは一瞬で個々人の顔や体型の特徴、皮膚の色や質、服装、性別、人種、年齢等の特徴をとらえ記録する。(リンク中程の動画を参照。英語ですが、画像をどうぞ)

http://bigbrowser.blog.lemonde.fr/2015/04/22/un-artiste-americain-vous-donne-son-visage-pour-echapper-a-la-surveillance-generalisee/

<参考2: 「顔紋」はどう使われるのか>
「顔紋」は指紋同様に個人を識別するデータとして監視カメラなどから収集され、顔認証システムに使用される。(リンクはNECの「顔認証システム」サイト)
http://www.nec.com/en/global/solutions/biometrics/technologies/face_recognition.html


今日、監視カメラが乱立する地域は拡大している。そしてこうした環境が「普通のこと」として受け入れられるようになってきている。

「表を散歩しただけでビデオに記録される、ということが起きないようにする権利が私たちにもあるはずです。そもそも、カメラから隠れる必要だって無いはずです。」

レオナルドは指摘する。そこでレオナルドとアート集団「URME」(You are me、「あなたは私」)は一般市民への監視活動に抵抗する「仕掛け」で監視システムをショートさせようと考えた。

一番簡単で効果的な「対抗策」は、レオナルドの顔の仮面をかぶることだ。過剰な監視体制がしかれた通りをカメラに気づかれることなく通り過ぎるため、URMEはレオナルドの顔のスキャンを用いた着色樹脂のマスクを提案する。このマスクは本物の顔のように見えるため、かなり近くまで近寄らなければマスクだと気付かれることは無い。


●レオナルド・マスク(画像)
http://bigbrowser.blog.lemonde.fr/2015/04/22/un-artiste-americain-vous-donne-son-visage-pour-echapper-a-la-surveillance-generalisee/


「マスクの主旨は、監視カメラから隠れるのではなく、むしろ別の顔を身につけて歩くことで監視網から外れるようにする、というものです。」

とレオナルドは述べる。

着色樹脂性のリアルな仮面は200ドルで、材料費のみで販売する。200ドルを持っていない人は、直接ウエブサイトからより簡単な作りの仮面をダウンロードして印刷し、組み立てることも可能だ。

(抜粋、一部編集)


●元の記事「アメリカ人アーチストが提案する全面監視を逃れるための『顔』」/ルモンド・ブログ(4月22日)
http://bigbrowser.blog.lemonde.fr/2015/04/22/un-artiste-americain-vous-donne-son-visage-pour-echapper-a-la-surveillance-generalisee/ 

2015年6月 3日 (水)

ソーラー飛行機「インパルス2」、名古屋に着陸/ルモンド紙(6月3日)、BBC(6月2日)

世界飛行の旅を実施中の太陽光発電飛行機「ソーラー・インパルス2号」は6月1日夜23時50分、悪天候のため急遽名古屋空港に着陸した。ソーラー・インパルス号はクリーン・エネルギーの限界に挑戦する1.5億ユーロ(約210億円)をかけた世界プロジェクト。3月にアラブ首長国連邦の首都アブダビを出発した後、5月31日の早朝に中国南部の南京を出発。ハワイまでの太平洋経路を6日間をかけて横断する、という危険な空の旅を敢行中だった。

パイロットのアンドレ・ボルシェベルク氏は氷結、雨、気流の発生などにより時速90〜140キロでの航行を続けることが困難になったと述べた。操縦席に座るボルシェベルク氏は太陽光エネルギーによる世界一周を自ら企画した一人。今回の旅を「一生を賭けたプロジェクト」と言い切る。飛行中は副操縦士無しの単独飛行のため、操縦士は一日20分の睡眠しか取れない。ヨガによる鍛錬で20分の睡眠で3時間分に相当する深い睡眠がとれるよう自らを訓練して今回の旅に臨んだと言う。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「ソーラー・インパルス2、世界旅行を中断」ルモンド紙(6月3日)
« Solar Impulse 2 suspend son tour du monde », Le Monde, 2015.06.03
http://www.lemonde.fr/energies/article/2015/06/02/solar-impulse-2-suspend-son-tour-du-monde_4645543_1653054.html 
Global News, 2015.06.02

« 2015年5月 | トップページ | 2015年8月 »