無料ブログはココログ

« 超監視社会を生きる:アメリカ人アーチストが提案する「新しい顔」/ルモンド・ブログ(4月22日) | トップページ | 日本人はなぜ再稼働に抗議するのか/ルモンド紙(8月11日) »

2015年8月11日 (火)

「フランス政府、経済成長法案の強行決議直前に高度放射性廃棄物貯蔵庫の設置承認をねじ込み」/ルモンド紙(7月10日)

放射性廃棄物の処理はどう考えても困難だ。フランス政府は違法な手段を用いて経済成長促進法(通称「マクロン法」)にこっそりとこの問題を忍び込ませ、葬り去ることに成功した。7月10日、オランド政権は国会議員による議決を経ずに法案を可決することができる49-3条項を再度用いて強行突破をはかる直前、ブールにある放射性廃棄物貯蔵庫の設置承認に関する修正を追加した。

(抜粋、一部編集)

(記事の写真は同法を提案したマクロン経財相)

●元の記事:「マクロン法への放射性廃棄物処理条項のねじ込みに怒号」/ルモンド紙(7月10日)
“Tollé après l’irruption des déchets radioactifs dans la loi Macron”, Le Monde, 2015.07.10
“Tollé après l’irruption des déchets radioactifs dans la loi Macron”, Le Monde, 2015.07.10
http://www.lemonde.fr/energies/article/2015/07/10/tolle-apres-l-irruption-des-dechets-radioactifs-dans-la-loi-macron_4678426_1653054.html

« 超監視社会を生きる:アメリカ人アーチストが提案する「新しい顔」/ルモンド・ブログ(4月22日) | トップページ | 日本人はなぜ再稼働に抗議するのか/ルモンド紙(8月11日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超監視社会を生きる:アメリカ人アーチストが提案する「新しい顔」/ルモンド・ブログ(4月22日) | トップページ | 日本人はなぜ再稼働に抗議するのか/ルモンド紙(8月11日) »