無料ブログはココログ

« 天津の重度汚染地帯: グリーンピース、ドローンで被害状況を撮影(ルモンド紙、8月20日) | トップページ | 広がる「反対」の大波に追いつめられる安倍政権/ルモンド紙(9月2日) »

2015年8月23日 (日)

再稼働:過去に囚われ日本を後退させる安倍政権(ルモンド紙社説/8月12日)

福島原発での惨事とこれに続く48基の原発停止から4年が経った今、日本は再び原子力に回帰した。8月11日の川内原発第一号機の再稼働は保守派安倍晋三総理大臣の勝利を明示している。そして今後他の原発が再稼働する可能性を暗示している。政権に返り咲いた2012年12月以来、安倍首相は原発再稼働を主張してきた。表向きに語られている「発電費用を抑え石油への依存を減らす」という目的だけではない。日本の原発技術を輸出する、という安倍首相の野心にも沿った動きである。

しかし安倍首相の「勝利」には限界が見えている。安倍政権は再稼働の必要性について国民を説得するのに失敗したからだ。世論調査が示すとおり、日本人の大多数は福島原発事故の惨事に深く心をえぐられ、地震が多発する自国での再稼働に疑問を抱き、その結果原子力に反対している。これら日本人の確信は、原発が全て停止した後も電力供給に何の問題も発生しなかった実績によって強化された。

<画像: 再稼働反対の声をあげる市民>
http://www.lemonde.fr/idees/article/2015/08/12/nucleaire-le-retour-en-arriere-du-japon_4722122_3232.html

安倍政権は経団連からの圧力を受け、不透明な経過を経て川内原発を再稼働した。これは全て過去のやり方である。日本政府は過去のやり方にとらわれ続けており、自らが望む「改革者」のイメージからは程遠いままだ。

(抜粋、一部編集)

●元の記事: 「原子力:再び後退する日本」/ルモンド紙 社説(8月13日)
« Nucléaire : le retour en arrière du Japon », Le Monde, 2015.08.13
http://www.lemonde.fr/idees/article/2015/08/12/nucleaire-le-retour-en-arriere-du-japon_4722122_3232.html

« 天津の重度汚染地帯: グリーンピース、ドローンで被害状況を撮影(ルモンド紙、8月20日) | トップページ | 広がる「反対」の大波に追いつめられる安倍政権/ルモンド紙(9月2日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 天津の重度汚染地帯: グリーンピース、ドローンで被害状況を撮影(ルモンド紙、8月20日) | トップページ | 広がる「反対」の大波に追いつめられる安倍政権/ルモンド紙(9月2日) »