無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月23日 (日)

再稼働:過去に囚われ日本を後退させる安倍政権(ルモンド紙社説/8月12日)

福島原発での惨事とこれに続く48基の原発停止から4年が経った今、日本は再び原子力に回帰した。8月11日の川内原発第一号機の再稼働は保守派安倍晋三総理大臣の勝利を明示している。そして今後他の原発が再稼働する可能性を暗示している。政権に返り咲いた2012年12月以来、安倍首相は原発再稼働を主張してきた。表向きに語られている「発電費用を抑え石油への依存を減らす」という目的だけではない。日本の原発技術を輸出する、という安倍首相の野心にも沿った動きである。

しかし安倍首相の「勝利」には限界が見えている。安倍政権は再稼働の必要性について国民を説得するのに失敗したからだ。世論調査が示すとおり、日本人の大多数は福島原発事故の惨事に深く心をえぐられ、地震が多発する自国での再稼働に疑問を抱き、その結果原子力に反対している。これら日本人の確信は、原発が全て停止した後も電力供給に何の問題も発生しなかった実績によって強化された。

<画像: 再稼働反対の声をあげる市民>
http://www.lemonde.fr/idees/article/2015/08/12/nucleaire-le-retour-en-arriere-du-japon_4722122_3232.html

安倍政権は経団連からの圧力を受け、不透明な経過を経て川内原発を再稼働した。これは全て過去のやり方である。日本政府は過去のやり方にとらわれ続けており、自らが望む「改革者」のイメージからは程遠いままだ。

(抜粋、一部編集)

●元の記事: 「原子力:再び後退する日本」/ルモンド紙 社説(8月13日)
« Nucléaire : le retour en arrière du Japon », Le Monde, 2015.08.13
http://www.lemonde.fr/idees/article/2015/08/12/nucleaire-le-retour-en-arriere-du-japon_4722122_3232.html

2015年8月20日 (木)

天津の重度汚染地帯: グリーンピース、ドローンで被害状況を撮影(ルモンド紙、8月20日)

中国の天津市で大量の猛毒化学物質による大爆発と重度の化学汚染が発生してから2日が経過した8月14日、国際環境NGOグリーンピースはドローンを使い重度汚染地域の状況を空から撮影した。ルモンド紙に掲載された約4分の動画をお知らせします。(冒頭のCMはスキップしてください。)  福島でのあの日を思い出させる光景が、私たちの隣国にも広がっています。


http://www.lemonde.fr/planete/video/2015/08/20/tianjin-greenpeace-filme-l-ampleur-des-degats-avec-un-drone_4731518_3244.html


●元の記事: 「天津:グリーンピース、ドローンで被害の状況を撮影」/ルモンド紙(8月20日)

"Tianjin: Greenpeace filme l'ampleur des dégâts avec un drone", Le Monde, 2015.08.20

2015年8月16日 (日)

「再稼働は人間の倫理に反する行為」(BBC、8月12日)

8月11日、日本政府は福島原発事故以来初めての原発再稼働に踏み切った。安全対策に多額の予算があてられたが、日本人の多くは再稼働に反対している。川内原発の周辺に住む住民の一人は次のように指摘した。

「日本では現在活火山の活動が活発になっています。こんな場所で再稼働を行うなど狂気の沙汰です。人間の倫理に反する行為です。」

日本人の多くは広島・長崎での原爆被害を受け当初原子力の使用に反対の立場を取ったが、「原子力は原爆と違う」「原子力は安全」との神話を信じて原子力を受け入れた経緯がある。しかし福島原発事故を経て原発の安全神話が崩れた今、再稼働への反発は大きく高まっている。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「日本、原発再稼働へ」, BBC Global News, 8月12日
"Japan restarts nuclear reactor", BBC Global News, 8月12日
http://www.bbc.com/news/world-asia-33858350

2015年8月12日 (水)

日本人はなぜ再稼働に抗議するのか/ルモンド紙(8月11日)

8月11日、福島原発事故の惨事を経験した日本では、安倍政権が九州にある川内原発の再稼働に踏み切った。福島原発事故以来、一部の期間を除き全ての原発が停止していた中での最初の再稼働となる。日本人の多くは再稼働に反対しており、この日多くの人が再稼働に反対する抗議行動に参加した(映像)。

http://www.lemonde.fr/planete/video/2015/08/11/pourquoi-les-japonais-manifestent-contre-la-relance-du-nucleaire_4721097_3244.html

抗議に参加した人々が主張しているのは、福島原発事故からの教訓が無視されている、という点だ。

これに反し再稼働を主導する安倍政権は、経済効果や石炭火力の使用による環境への影響を主張している。日本政府は他の原発についても再稼働を行う可能性があると見られている。

(要約)

●元の記事: 「日本人はなぜ再稼働反対のデモに参加するのか」/ルモンド紙(8月11日)/映像
http://www.lemonde.fr/planete/video/2015/08/11/pourquoi-les-japonais-manifestent-contre-la-relance-du-nucleaire_4721097_3244.html

2015年8月11日 (火)

「フランス政府、経済成長法案の強行決議直前に高度放射性廃棄物貯蔵庫の設置承認をねじ込み」/ルモンド紙(7月10日)

放射性廃棄物の処理はどう考えても困難だ。フランス政府は違法な手段を用いて経済成長促進法(通称「マクロン法」)にこっそりとこの問題を忍び込ませ、葬り去ることに成功した。7月10日、オランド政権は国会議員による議決を経ずに法案を可決することができる49-3条項を再度用いて強行突破をはかる直前、ブールにある放射性廃棄物貯蔵庫の設置承認に関する修正を追加した。

(抜粋、一部編集)

(記事の写真は同法を提案したマクロン経財相)

●元の記事:「マクロン法への放射性廃棄物処理条項のねじ込みに怒号」/ルモンド紙(7月10日)
“Tollé après l’irruption des déchets radioactifs dans la loi Macron”, Le Monde, 2015.07.10
“Tollé après l’irruption des déchets radioactifs dans la loi Macron”, Le Monde, 2015.07.10
http://www.lemonde.fr/energies/article/2015/07/10/tolle-apres-l-irruption-des-dechets-radioactifs-dans-la-loi-macron_4678426_1653054.html

« 2015年6月 | トップページ | 2015年9月 »