無料ブログはココログ

文化・芸術

2012年3月22日 (木)

On Your Mark(位置について)/宮崎駿

美しくて、少し悲しくなる映像を見つけました。
宮崎駿監督の『On Your Mark(位置について)』。

舞台は放射能に汚染された未来の日本。監視社会の手足となって働く二人の若い警察官たちは、謎の宗教教団を摘発し徹底的に破壊します。そして破壊されつくした教会の奥で倒れていた傷ついた天使を、一度は捕らえて当局に引き渡しますが、深く考えた後別の行動に出ます。CHAGE&ASKAの同名の歌に合わせてリリースされたプロモーション・フィルムです。


●「On Your Mark」宮崎駿(動画)はこちら
http://www.dailymotion.com/video/xwdcq_on-your-mark_shortfilms


エミリアーノがあの日日本の国会前で出会った警官たちもまた、自分が任された仕事のためにあの日寒空の下に立っていたのでしょう。立場や意見を脇に置いて、多くの方に見て頂きたい美しい映像です。

命を象徴する白い天使を、私たちは救い出すことができるでしょうか。

●いけだ ゆたかさんが御自分のブログ「夏の扉へ」で解説してくださっています。
http://durchschreiten.blogspot.jp/2012/01/on-your-mark.html 

●詳しい背景はこちら(ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/On_Your_Mark

2012年2月26日 (日)

「原子力からの撤退は致しません!」by絶対!原子力戦隊スイシンジャー/東京新聞・クーリエ・アンテルナショナル(2月23日)

たまには楽しくお笑いでも。今週のクーリエ・アンテルナショナルは日本の若いお笑い芸人&音楽家たちによる新しい作品をとりあげています。記事作成時点で9万人だった視聴者数は、本日時点で10万人を超えていました。

「絶対!原子力戦隊スイシンジャー」(Youtube動画)/尾米タケル之一座 
http://www.youtube.com/watch?v=0AcQJE_R0iw

(Yoko Nakagawa, « Rire pour combattre le lobby nucléaire », Courrier international. n°1112, 2012.02.23-29)

2012年2月22日 (水)

チェルノブイリ原発事故から16年後。ベラルーシの子どもたちに起きた異変は/映画「チェルノブイリ・ハート」

1986年に起きたチェルノブイリ原発事故から16年後のベラルーシ共和国。放射能による汚染は、心臓に生まれつき穴があく「チェルノブイリの心臓」(チェルノブイリ・ハート)という形で多くの子どもたちに異変を起こしていました。

障害者の描き方等について一部で批判を受けている作品ですが、放射能汚染が子どもに与える影響を扱った映像が少ない中、現状の一端を伝える貴重な記録だと思います。これから生まれてくる子どもたちと一緒に放射能汚染の問題とどう向き合ってゆくのか。親として、社会の一員として、考えるきっかけを与えてくれる作品です。

マリアン・デレオ監督『チェルノブイリ・ハート』(2003年)
予告編はこちらです。http://www.gocinema.jp/c-heart/ 
大手のレンタルビデオ店でも貸し出しているようです。

2012年2月19日 (日)

子どもが語る福島―アラ・デ・アラン監督によるドキュメンタリー『瓶の中のメッセージ』3月より制作開始

フランスとベルギーにおける原発作業員の労働現場、そして放射能被曝や首切りの不安に揺れる彼等の胸の内を撮った秀作ドキュメンタリー『原子力発電所、異常無し』(« RAS, Rien à signaler »、ベルギー・フランス、2009年)。当時フランスのニヨンで開かれた「真実を伝える画像」国際映画フェスティバルでも、社会問題に切り込んだ「調査部門」の優秀作に選ばれました。

<参考> ベルギーとフランスのテレビにて放映。以下のリンクは仏語による動画です。http://www.youtube.com/watch?v=TnQG-DJW7lk
是非プロの翻訳家による字幕をつけて日本でも公開して頂きたいドキュメンタリーです。

この作品を作ったアラ・デ・アラン監督が、昨年末から今年にかけて福島原発事故の後の日本の子どもたちの言葉をドキュメンタリーに記録すべく製作活動を行っています。3月にも訪日が予定されているとのこと。子どもたちの今の気持と言葉を映す作品の制作に、フランスを含む海外でも期待が集まっています。

●詳しくはこちら 『瓶の中のメッセージ』公式ブログ
http://message.in.a.bottle.over-blog.com/pages/_-5678803.html