無料ブログはココログ

脱原発

2015年6月 3日 (水)

ソーラー飛行機「インパルス2」、名古屋に着陸/ルモンド紙(6月3日)、BBC(6月2日)

世界飛行の旅を実施中の太陽光発電飛行機「ソーラー・インパルス2号」は6月1日夜23時50分、悪天候のため急遽名古屋空港に着陸した。ソーラー・インパルス号はクリーン・エネルギーの限界に挑戦する1.5億ユーロ(約210億円)をかけた世界プロジェクト。3月にアラブ首長国連邦の首都アブダビを出発した後、5月31日の早朝に中国南部の南京を出発。ハワイまでの太平洋経路を6日間をかけて横断する、という危険な空の旅を敢行中だった。

パイロットのアンドレ・ボルシェベルク氏は氷結、雨、気流の発生などにより時速90〜140キロでの航行を続けることが困難になったと述べた。操縦席に座るボルシェベルク氏は太陽光エネルギーによる世界一周を自ら企画した一人。今回の旅を「一生を賭けたプロジェクト」と言い切る。飛行中は副操縦士無しの単独飛行のため、操縦士は一日20分の睡眠しか取れない。ヨガによる鍛錬で20分の睡眠で3時間分に相当する深い睡眠がとれるよう自らを訓練して今回の旅に臨んだと言う。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「ソーラー・インパルス2、世界旅行を中断」ルモンド紙(6月3日)
« Solar Impulse 2 suspend son tour du monde », Le Monde, 2015.06.03
http://www.lemonde.fr/energies/article/2015/06/02/solar-impulse-2-suspend-son-tour-du-monde_4645543_1653054.html 
Global News, 2015.06.02

2013年2月 9日 (土)

スペインで風力発電が原子力発電を凌駕/ラ・クロ(1月30日)

スペインにおける今年の1月末時点での風力発電量は原子力発電量を大きく上回り、かつての原子力優位の体制から自然エネルギーを中心とした発電体制への逆転が確実となった。こうした逆転状況は2010年より指摘されていたもの。

1月30日のスペイン風力セクター企業協会による公式発表によると、1月31日時点での風力発電量(推定)は毎時6.2ギガワット。これに対し、原子力発電量は毎時4.8ギガワットと、風力による発電量を大きく下回った。

スペイン国内の風力発電を担う主要発電所の一つ、カタルーニャ地方のバルセロナ州南部にあるセーラ・デ・ルビオ発電所は、約5万世帯に電力を供給している。

(抜粋、要約)

● 元の記事:「スペインで風力発電が原子力発電を凌駕」/ラ・クロ(1月30日)
( « En Espagne, les éoliennes dépassent le nucléaire », La Clau, 2013.01.30)
http://www.la-clau.net/info/7880/en-espagne-les-eoliennes-depassent-le-nucleaire-7880

2012年12月19日 (水)

福島を忘れる日本人/ルモンド紙(12月18日)

福島で起きた原発惨事は既に忘れられ、時は新たな段階へと移りつつあるのだろうか。時間とは皮肉なものだ。日本国内で国際原子力機関(IAEA)による原発の安全強化に関する国際会議が開かれるさなか、日本人は原発の再稼働を強く推進する自由民主党を与党に選んだ。

日本の豹変ぶりには目を見張るものがある。土曜日の晩まで原発からの脱却を準備していた日本は、日曜日に自民党政権が誕生して以来、停止中の48基の原発を再稼働する方向で動き始めている。この180度の方向転換は私たちを不安にさせる。2011年3月に福島で起きた大規模な原発事故は、原子力施設の安全管理体制が内包する深刻な機能不全を白日のもとにさらした。そして日本が抱える地震と津波という二重の安全リスクは今もそのまま放置されている。日本国内にある原発は全て海岸沿いに設置されており、そのうちの3つは活断層の上に建設されているのである。

●元の記事:「福島を忘れる人々」/ルモンド紙(12月18日)
(Grégoire Allix, « On oublie Fukushima », Le Monde, 2012.12.18)

2012年5月 5日 (土)

「チェルノブイリ、福島―もう二度と繰り返さない!」チェルノブイリ原発事故から26年、世界184の町から広がる原発反対の輪/原子力をやめる会(4月26日)

今日5月5日は、日本全国の原発が全て停止する歴史的な日。皆様はどのようにお過ごしでしょうか。福島原発事故の発生から1年余り。一つの大きな前進だと思います。

さて、1986年に起きたチェルノブイリ原発事故から26年目となる4月26日から5月上旬にかけて、フランスおよび世界各地では「チェルノブイリ、福島―もう二度と繰り返さない!」を合い言葉に原発に反対する「世界チェルノブイリ・デー」キャンペーンが開かれました。パリの街角から、小さな町の市場に至るまで。世界16カ国184の町で、人間の鎖、ガイコツ姿の仮装デモ等々、各地で市民たちが思い思いの衣装と行動で心を一つにしました。

「チェルノブイリ、福島―もう二度と繰り返さない!」世界チェルノブイリデー・キャンペーン動画by「原子力をやめる会」(音楽もチェルノブイリや福島について歌っています)
http://www.youtube.com/watch?v=ZUGJEroLgE8 


☆各地での活動のいくつかを御紹介します。

●プラドの市場を仮装して練り歩く市民たち。「『イチゴ1パック、1ユーロ』の看板の横で『チェルノブイリ、福島―もう二度と繰り返さない!』」
http://chernobyl-day.org/Mobilisation-antinucleaire-a?lang=fr 

<参考>プラド市はフランスとスペインの国境に位置する町です。
http://fr.wikipedia.org/wiki/Prades_(Pyrénées-Orientales) 


●ラニオン市で行なわれた「チェルノブイリの掃除人」への追悼
http://chernobyl-day.org/Lanion-22-Hommage-aux-liquidateurs?lang=fr

<参考>ラニオン市はフランス西岸に位置する城下町です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Lannion 


●カナダのトロント市の交差点で「ダーリントン原発建設反対」の大弾幕を広げる市民たち。オンタリオ州ではダーリントン原発の建設が計画されている。
http://chernobyl-day.org/Action-a-Toronto?lang=fr


●その他、フランス、ドイツ、カナダの各地で行なわれた市民行動の様子(各行をクリックすると、各地で開かれたイベントについての動画・写真・説明などが読めます。フランス語ですが、動画や写真をどうぞ。ただし、説明文のみのものもあります。)
http://chernobyl-day.org/Comptes-rendus-des-actions?lang=fr 


出典:「世界チェルノブイリ・デー」オフィシャル・サイトby原子力をやめる会/Sortir du nucléaire
http://www.chernobyl-day.org/?lang=fr

2012年3月28日 (水)

フランス人の3分の2以上が国内で福島原発事故相当の事故発生を懸念/ルモンド紙(3月27日)

67%のフランス人が、「日本で起きたのと同じ規模の深刻な原発事故がフランスでも突発的に起きる可能性がある」と考えている。CSA社が国際環境団体グリーンピースの委託を受け、3月19日から20日にかけて実施した世論調査の結果で明らかになった。グリーンピースはこの結果を「3分の2以上の国民が国内58基の原発から75キロ圏内に住む」フランスで原発の危険に対する意識が高まりつつあることの表れ、と見ている。

調査の結果によると、回答者の80%が「フランスは原子力に依存しすぎている」と考えており、75%が「原発が老朽化しつつあり、事故が起きる危険性が高まっている」と答えた。又、回答者の圧倒的多数が「原発事故が起きた場合にどのような対策を取れば良いのか十分知らされていない」(88%)「事故が起きた場合にどのような対策を取るべきか、について十分自分の意見を聞いてもらっていない」(84%)と考えており、54%の人が「自然代替エネルギーの開発を進め、電気を節約することによって原発をやめることは可能」と答えている。

( « Deux tiers des Français redoutent un accident », Le Monde, 2012.03.27)

2012年3月12日 (月)

「福島を忘れない」フランス市民6万人がつなぐ235キロの「人間の鎖」/ロイター(3月11日)

皆様はこの日曜日をどんな風に過ごされたでしょうか。フランスでは6万人の市民たちが手をつなぎ、国土を縦断する「鎖」を作って原発の廃止を求めました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

福島原発事故から1年を迎えた3月11日、原子力からの脱却を求める約6万人のフランス市民たちは、リヨン市とアヴィニョン市の間235キロの距離を「人間の鎖」で結んだ。


<ルモンド紙からの参考画像>
http://www.lemonde.fr/planete/article/2012/03/11/une-chaine-humaine-contre-le-nucleaire-entre-lyon-et-avignon_1656172_3244.html 
● 1枚目:原発の前で手をつなぎ「人間の鎖」を作る市民たち。
● 2枚目:鎖に参加する緑の党エヴァ・ジョリー大統領候補。


原子力に反対する市民たちはこの日のパフォーマンスの場所に、14の原発と複数の原子力施設を抱え「フランス国内で最も原子力に染まった」ローヌ地方の谷の一角を選んだ。

「私たち市民は、原子力をやめて将来のエネルギー政策を自分たちの手に取り戻すために、自ら行動を起こす準備ができています。たとえ原子力の問題が、これまで決して民主的な議論の対象になって来なかったとしても、です。」

「原子力をやめる会」(Sortir du nucléaire)のローラ・アモはこう述べる。

「フランスには、例外となる責任があるのです。」

人間の鎖の先頭に立ったアモは、こう付け加えた。

「原発ロビーは(「原発」という)この産業の『宝』を守ろうとするでしょう。そして、そのためにはどんな嘘をつくことも厭おうとはしないのです。」

国道7号線に刻み付けられた「鎖」の中に、まだ学生のマリーンという少女がいる。マリーンは「フランスの原子力施設全てに対する不安」を表現するためにやって来た。

「南部鉄道」会社の労働組合員であるフィリップ・ギテールは、

「私たち鉄道員は放射性廃棄物を運ぶ特別列車『キャスター』を通じて、直接被ばくの危険にさらされています」

と指摘する。

「放射性廃棄物を運ぶ列車は周囲60メートルの距離まで中性子を飛ばして、鉄道会社の関係者はもちろん、鉄道の利用者や周囲の住民までも危険にさらすのです。」

緑の党から大統領に立候補を予定するエヴァ・ジョリー氏はこの日、モンテリマールのクルアス原発の正面で「鎖」に参加することを選んだ。

(Catherine Lagrange, « Une chaîne de 60 000 personnes contre le nucléaire sur la N7 », Reuteurs, 2012.03.11)

●こちらの記事にも、鎖をつくる市民たちの写真が掲載されています。ぜひご覧ください。

http://www.boursorama.com/actualites/une-chaine-de-60-000-personnes-contre-le-nucleaire-sur-la-n7-28e3b49039a1b44b347a32c210bca76f

2012年3月11日 (日)

福島原発事故から1年―「原発はいらない」日比谷公園、国会、東京電力本社前―高まる市民の声/ルモンド紙(3月11日)

福島原発事故から1年を迎えた3月11日、世界は日本のメッセージに耳を傾けました。ルモンド紙が同日に行った報道の中から、東京での取材を抜粋して御紹介します。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

3月11日の今日、日本は悲しみと祈りの中で、大地震、津波、原発事故が起きたあの日から1周年を迎えた。政府主催の追悼式典には野田首相と天皇陛下を初め1200名が出席した。

首都東京の中心部にある日比谷公園では、音楽家の坂本龍一氏を初めとする著名人と数千人の市民が参加して、「ピース・オン・アース」と題した大規模な集会が開かれた。集会では主に原子力政策の将来や、情報公開の問題について議論が行われた。また人類学者の中沢新一氏は、環境問題に積極的に取り組む新政党「グリーン・アクション」の旗揚げを行った。地方経済の再活性化と野田政権による原発再稼働を阻止するべく次回の選挙より候補者を擁立し、若い層の政治への関心を呼び起こしてゆきたいとの抱負を語った。

●オリジナル記事の中ほどに掲載された、国会を囲む市民たちによる「人間の鎖」の画像はこちらhttp://www.lemonde.fr/japon/article/2012/03/11/le-japon-commemore-le-premier-anniversaire-de-la-catastrophe-du-11-mars_1656121_1492975.html#ens_id=1493262

こうした大規模なイベントの陰で、原子力に反対する重要なデモが、東京電力の本社前で行われた。東京電力は、事故を起こした福島原発の事業者である。同社は悲惨な事故が起きた後も適切な対応を行っておらず、国民より強い非難を浴びている。この日は重装備の警官隊が大量に配置され、極右団体による妨害活動があったにもかかわらず、数千人の市民らが団結してデモを行った。

東京電力の西澤俊夫社長はこの日、事故で破壊された福島原発を訪問した。東京電力が発表したコミュニケによれば、西澤社長は改めて自社グループとしてのお詫びの言葉を述べると共に、「原発事故の被災者の皆様のための財産の回復と一刻も早い補償の実現に向け、最大の努力を行ってゆきたい」と約束した。東京電力は被災者に対し膨大な様式への記入を義務づけるなど、複雑な補償制度を実施している。手続きがあまりに複雑であるために、被災者のほぼ半数が、補償の申請をする自信が無いと告白している。

(抜粋、一部編集)

(Philippe Messmer, « Le Japon commémore le premier anniversaire de la catastrophe du 11 mars », Le Monde, 2012.03.11)
http://www.lemonde.fr/japon/article/2012/03/11/le-japon-commemore-le-premier-anniversaire-de-la-catastrophe-du-11-mars_1656121_1492975.html#ens_id=1493262

2012年3月 1日 (木)

「福島原発事故を忘れない」フランス市民ら、3月11日に南仏プロヴァンスで235キロの「人間の鎖」/フランス3(2月25日)

あと10日で、あの日から1年になります。今フランス全土では、原発に反対する市民たちが、3月11日に開かれる原発反対集会に向けた準備を着々と進めています。アリエージュ県の市民たちも、その例外ではありません。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「人間の鎖」

アリエージュ県(注1)から、3月11日のデモの前に繰り返しお知らせします。

歴史上これまでにない大惨事を引き起こした福島原発事故。その発生から、今度の3月11日で1年が経ちます。フランス全国で原子力に反対するフランス人市民と市民団体はこの日、大規模な抗議行動を計画しています。

何をするのか、ですって?原子力施設が最も集中するリヨン市(注1)からアヴィニョン市(注2)に至る235キロの距離を結ぶ人間の鎖を作るのです。でもこの象徴的な行動を起こす前には、準備が必要です。

フランス中の70の町の市民たちが、人間の鎖が結ぶ地域に向けて出発を予定しています。アリエージュ県でも、およそ40人の原発に反対する市民たちが、大きな声でスローガンを叫んだり、プラカードを持って歩いたり、それから。。。歌を歌ったりして出発する予定です。

(みなさん、ぜひ見に来てくださいね!)

(一部編集)

(注1)アリエージュ県
フランス南部の大自然に囲まれた県の一つ。県内のフェリエール・シュール・アリエージュに原発をかかえている。
http://maps.google.co.jp/maps?client=safari&rls=en&oe=UTF-8&redir_esc=&q=アリエージュ&um=1&ie=UTF-8&hq=&hnear=0x12af3dc287178f77:0x306f69c2f3b2600,アリエージュ+フランス&gl=jp&ei=mmxPT5i3EsSosAKD7MWhDg&sa=X&oi=geocode_result&ct=image&resnum=1&ved=0CCUQ8gEwAA 

(注2)リヨン市 http://ja.wikipedia.org/wiki/リヨン 
フランス第二の都市。食通の町として知られる。35キロ地点にビュジェー原発を抱える。

<関連記事>「リヨン地方行政裁判所、放射性廃棄物貯蔵庫の建設許可を取り消し」
http://franceneko.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/16-f319.html 

(注3)アヴィニョン市 http://ja.wikipedia.org/wiki/アヴィニョン 
劇場芸術祭で知られる芸術と歴史の町。南仏に位置し、60キロの距離にトリカスタン原子力施設をかかえる。


●オリジナル記事 (« La chaîne humaine », France 3, 2012.02.25)
記事にある写真の中で市民らが持つプラカードに書かれているのは、「原子力の無い世界に万歳」の言葉。「フランス3」はフランスのテレビ局。
http://midi-pyrenees.france3.fr/info/la-chaine-humaine-72669261.html

2012年2月 3日 (金)

「テント村を守れ」世界から枝野大臣に数万人の抗議メッセージ/フクシマ・オーバー・ブログ(1月28日)

他に例を見ない世界運動が展開している。数万通にのぼる(世界からの)抗議メッセージが、一日のうちに枝野経産相大臣に届けられた。経済産業省の前で、原子力利用の永久停止と福島県の汚染地域からの公的避難を求めキャンプを続ける市民と福島の母親たちを支援する何百もの人が、この日経産省が立ち退きの期限に指定した時間に集まった。

経産省は立ち退きを強行しなかったが、立ち退き命令を取り下げていない。これらの市民は、あなたの支援を必要としている。

(一部編集)

( « Tokyo : la tente est restée debout ! », Fukushima Over Blog, 2012.01.27)
http://fukushima.over-blog.fr/(本件に関する記事は下の方にあります)

2012年1月21日 (土)

スイス市民、福島事故1周年を期に脱原発デモを企画/RJB(1月15日)&スイスinfo(1月12日)

スイスで原発に反対する市民たちは、福島原発事故の発生から1周年を迎える3月11日、ミューレベルクとベツナウにある原発の即時停止を求める「ミューレベルクへの行進」デモを実施すると発表し、大々的な参加者の募集を開始した。

スイスのベルン州北部にあるミューレベルク原発については、近隣のヴォーレン湖ダムの耐震性が確認されておらず 、大地震の際に決壊し原発事故を起こす可能性があるとして問題視されている。スイス連邦核安全監督局は同原発を運営するBKW社に対しダムの耐震性を立証する報告書の提出を求めてきたが、11月末の提出期限を過ぎても提出されていない。

デモの企画者たちは3月11日の行進を通じ、他の市民にミューレベルク原発の欠陥について情報提供を行う予定。特にヴォーレン湖ダムが決壊する危険を伝えることを計画している。

スイス政府は福島原発事故の発生後に段階的な原発の廃止を決定しており、ミューレベルク原発は2022年、ベツナウの二基の原発については2019年と2022年に廃炉が予定されている。

(抜粋、一部編集)

●「スイスの原発 ストレステストで再検査」(スイスinfo、1月12日)
http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=31928350 

● « Ils vont marcher contre le nucléaire », RJB, 2012.01.15
http://www.rjb.ch/rjb/Actualites/Regionale/20120116-Ils-vont-marcher-contre-le-nucleaire.html

より以前の記事一覧