無料ブログはココログ

電力政策

2015年3月10日 (火)

太陽光飛行機「ソーラー・インパルス2」、モナコ王国から世界一周の旅へ:「ガソリン・ゼロ、汚染ゼロ」/ルモンド紙(3月9日)

モナコ公国、2月10日。太陽飛行機「インパルス2」はアルベール二世皇太子らが見守る中、お揃いのハイセンスな「つなぎ」を着た二人のパイロット(ベルトランド・ピッカードとアンドレ・ボルシュベルク)と共に飛び立った。

●二人のパイロットとモナコ公国皇太子(画像)
http://www.tdg.ch/suisse/solar-impulse-pilote-monaco/story/13223683

●モナコ公国
地中海岸に位置する人口約4万人の世界2番目に小さな都市国家。立憲君主制。
(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=Monaco&hl=ja&gbv=2&sa=X&oi=image_result_group&ei=C23-VJ_7KISE8gWhp4LQBQ&ved=0CCMQsAQ&tbm=isch

彼らには大きな挑戦が待ち受けていた。世界で初めてのガソリンに一切頼らない世界一周の空の旅。ガソリンを使わないため汚染も一切ない。使用されるのはクリーンで再生可能な自然エネルギーのみだ。3月9日の早朝、二人は世界一周旅行の出発地点であるアブダビから飛び立った。ソーラー・インパルス2は今後、12か所の地点を通過しながら二つの海を越えて旅をする。

パイロットのピッカード氏はインパルスの発案者で精神科医としての経験も持つ。もう一人のパイロット、ボルシェベルク氏はインパルス・プロジェクトの共同設立者でエンジニア。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「『ソーラー・インパルス2』、世界一周の旅へ」/ルモンド紙(3月9日)
« Solar Impulse 2 autour de la planète », Le Monde, 2015.03.09
http://www.lemonde.fr/sciences/article/2015/02/23/solar-impulse-2-autour-de-la-planete_4581849_1650684.html

2014年10月15日 (水)

仏領ギアナで自然エネルギー発電60%を達成/フランス国際放送(10月8日)

フランス国内では2020年までに各地域が自然エネルギーによる発電量を全電力消費量の50%にまで引き上げる目標を立てる取り組みを行っている。フランスの海外県「仏領ギアナ」(南米の赤道以北、人口21万人)は今月、国内の先頭を切って自然エネルギーによる発電量60%を達成、フランス国内の各地域で最初の目標達成となった。

ギアナではバイオマス発電、太陽光発電など複数の自然エネルギーを組合せ発電を行っている。

(抜粋、一部編集)

<参考>
仏領ギアナ: http://ja.wikipedia.org/wiki/フランス領ギアナ

2014年10月 7日 (火)

フランスの新エネルギー転換政策、ドイツに及ばず?/ルモンド紙(10月1日)

「緑の成長のためのエネルギー転換政策法案」―それはセゴレーヌ・ロワイヤル環境大臣が「フランス人の生活を変える」と約束した2年越しの法案である。フランス議会は10月1日から14日までの日程で、オランド大統領が選挙で公約した新たなエネルギー転換政策に関する法案を審議する。

フランスは2015年12月にパリで開かれる国際環境会議を目前に控え、世界の手本になる政策を示すことに懸命だ。過去6ヶ月、ロワイヤル大臣は今年末までの法案可決を目指し脅迫的なまでに「スピードアップ」という言葉を使い続けて来た。法案は2050年までに電力の効率化や節電を進めフランス国内の電力消費量を現在の半分に削減すること、化石燃料(石油、ガス、石炭)による発電を2030年までに30%削減し、自然エネルギーの割合を電力全体の32%にまで高めることを定めている。

同法案の実施には100億ユーロ(約1.4兆円)の予算が想定されている。しかし複数のNGOによる指摘によれば実際の法案実施にはその2倍にあたる200億ユーロ(約2.8兆円)が必要になる。オランド大統領の公約は2025年までに原子力の割合を現在の75%から50%に引き下げることだったが、新しい法案には現在ある原発について発電量を現行レベルに保つことを定めるのみで廃炉については言及していない。更には、2016年末の廃炉が公約されているフェッセンハイム原発についてすら廃炉が明記されていない。

これはドイツの脱原政策のレベルからは程遠い、ロワイヤル大臣の言葉で言えば「バランスの取れた」(玉虫色の)、フランス風のエネルギー「転換」政策なのだろうか。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:「エネルギー転換:大きな志と予算面での疑念」/ルモンド紙(10月1日)
« Transition énergétique : grandes ambitions et doutes sur le financement », Le Monde, 2014.10.01
http://www.lemonde.fr/planete/article/2014/09/30/transition-energetique-grandes-ambitions-et-doutes-sur-le-financement_4496866_3244.html

2013年5月 3日 (金)

「サンフランシスコ発、ニューヨーク行き」ソーラー飛行機、初のアメリカ大陸横断へ/ルモンド紙(5月3日)

5月3日、太陽光発電によるソーラー飛行機が米国サンフランシスコからニューヨークに向け初のアメリカ大陸横断を目指し飛び立つ。


●アメリカ大陸横断を目指すソーラー飛行機(画像、ルモンド紙)
http://www.lemonde.fr/planete/article/2013/05/03/solar-impulse-pret-a-traverser-l-amerique_3170388_3244.html


今回飛び立つソーラー飛行機はスイスのソーラー・インパルス社の制作によるもの。「自然に優しい飛行機プロジェクト」の発起人をつとめるベルトラン・ピッカール操縦士とアンドレ・ボルシュベルク操縦士の2名が計1600キロの距離を時速70キロで3日間かけて走破する。

同プロジェクトは10年前に開始され、2009年6月にはソーラー飛行機による初飛行に成功。2010年には26時間の連続飛行に成功し、翌年にはベルギーからフランスまでの国際ルートでの初飛行を実施。2012年6月にはスペインの首都マドリードから北アフリカにあるモロッコのラバト市までを結ぶ2500キロの距離を20時間の連続飛行で走破した。ボルシュベルク操縦士とピッカール操縦士は、今後機体の改良を行った上で2015年の世界一周飛行を計画している。

● 元の記事:ソーラー飛行機『ソーラーインパルス』、アメリカ大陸横断の準備完了/ルモンド紙(5月3日)
(« L’avion Solar Impulse prêt à traverser l’Amérique », Le Monde, 2013.05.03 )
http://www.lemonde.fr/planete/article/2013/05/03/solar-impulse-pret-a-traverser-l-amerique_3170388_3244.html

2012年11月13日 (火)

「住宅・自動車改革で2050年までに電力消費量を半減」フランス政府機関が発表/ルモンド紙(11月11日)

「フランスは住宅および交通セクターの改革を通じ、2050年までに国内の電力消費を今の半分に削減する。そして兼ねての目標に沿って、2050年時点での地球温暖化ガス放出量を1990年レベルの4分の1に削減する。」

フランスの環境・エネルギー制御庁(ADEME)は11月8日、フランス国内における電力政策の転換に関する全国的な政策論議の敲き台として、このような長期見通しを発表した。

環境・エネルギー制御庁は2030年と2050年の二段階に分けて電力消費削減のシナリオを示している。電力消費全体の40%以上を占める「建築物」については、電気を大量に消費しないタイプの住宅を2030年までに35万戸建設するとともに、毎年50万戸を電力消費の少ない暖房設備のものに改修してゆく。

第二番目に電力消費量が多い交通セクターについては、既に知られた解決策を実践する。つまり、物品運送や人の移動に使用する車両を互いに融通し合うようにし、都市では自転車の利用を推進する。現在フランス国内にある3千5百万台の車は2050年までに2千2百万台にまで削減され、交通セクターの電力使用量は65%減少する見通しだ。また車両全体の3分の1づつを石油ではなくガス、電力、ハイブリッド仕様のものに転換する予定。電力政策専門家のピエール・ラダンヌ氏によれば、2010年にフランス国内における発電量全体の16%を占めた代替エネルギーは、2030年までに発電量の3分の1を、そして2050年までには発電量全体の70%を占めるようになる見込み。

こうした取り組みは地球温暖化ガスの排出量削減にも直接反映される。1990年に5億6千3百万トン放出されていた温暖化ガスは、2050年には1億5千万トンに減少することになる。

(抜粋、一部編集)

●元の記事:より環境に優しいフランスの作り方/ルモンド紙(11月11日)

2012年9月18日 (火)

電気を使うほど高くなる料金体系で節電をめざすフランス/ラ・トリビューン(9月11日)

フランス政府は節電促進策の一貫として、電気を多く使う人ほど電気代が高くなる料金体系を導入するための法律制定を目指している。これは、電気使用量によって「基本」「快適「無駄遣い」の3つの料金を設定するもので、「基本」と「無駄遣い」では20%の料金差が想定されている。

これに対し、100%自然エネルギーによる電気を供給する市民団体「電気協同組合友の会」(Enercoop)は、「無駄遣い」層の料金を「基本」の3倍に設定するとともに、家計の10%以上を電気代に当てている貧困世帯に「電気手当」を支給するよう求めている。フランス人は比較的安い電気料金のためにドイツ人より27%も多く電気を消費する一方で、所得が低いために低価格の電気料金の適用を受けている世帯は60万軒にとどまっている。

(要旨)

( « Il faut facturer trois fois plus cher l’énergie gaspillée », La Tribune, 2012.09.18)
http://www.latribune.fr/entreprises-finance/industrie/energie-environnement/20120911trib000718936/electricite-il-faut-facturer-trois-fois-plus-cher-l-energie-gaspillee-.html

2012年9月 5日 (水)

米国:格安シェール・ガス出現で原子力の競争力が急降下 フランス電力公社、米国での原発建設を予定せず/ルモンド紙(9月5日)&ラ・トリビューン紙(8月31日)

米国の原子力規制委員会は8月30日、フランス電力公社(仏最大の電力会社)が提出していたメリーランド州カルバート・クリフにおける最新型原子炉EPR(欧州加圧水型炉)の新規建設についての申請を却下した。米国の法律は外国籍企業主体の原発建設を禁じているが、フランス電力会社は2010年に米国企業との連携を解消(注)、ラ・トリビューン紙によれば今回の却下は事前に予想されていた。なぜフランス電力会社が事前に申請を取り下げなかったのかは不明だが、米国では格安シェール・ガスの出現により原子力が競争力を失っており、フランス電力公社はこれを踏まえ2010年以降は米国でのEPR(欧州加圧水型炉)建設を計画していない。

(注)フランス電力公社は2010年、米国にて共同企業体ユニスターを結成した際の米国籍パートナー・コンステラシオン・エネルギー社を買収、米国籍企業とのパートナー関係については解消するに至った。

● 元の記事
1.「フランス電力公社、米国にEPRを建設できず」/ルモンド紙(9月5日)
(« EDF ne pourra pas construire d’EPR aux Etats-Unis », Le Monde, 2012.09.05)

2.「原子力:米国政府、フランス電力公社の事業を『落第』に」/ラ・トリビューン紙(8月31日)
(« Nucléaire : l’administration américaine retoque le projet d’EDF », La Tribune, 2012.08.31)
http://www.latribune.fr/entreprises-finance/industrie/energie-environnement/20120831trib000717235/nucleaire-l-administration-americaine-retoque-le-projet-d-edf.html

2012年8月 3日 (金)

風がもたらしたもの(その2)/クーリエ・アンテルナショナル(7月26日)

●「風の国」を目指すブラジル

レノバ社は今後2つの新事業を計画している。2013年9月までに103の風車からなる6つの風力発電所(容量153メガワット)を立ち上げ、2014年7月までには127の風車からなる9つの風力発電所(容量212.6メガワット)を建設する予定だ。

ブラジルにおける風力発電価格は、新規に参入する企業の増加により毎年低下している。この傾向は、ヨーロッパでの経済危機を背景に新天地を開拓しようという企業が増えたことにより更に鮮明になった。レノバ社のアルト・セルタオ風力発電所では、2009年にメガワット時あたり144.99レアル(約5千5百円)だった電力価格が、2013年9月には121.25レアル(約4千6百円)にまで低下することが既に決定している。

ブラジルで風力発電がこれほどにまで優位に立ったことはかつて無い。現在風力発電の分野で世界20番目の位置につけているブラジルの首都ブラジレイラ市は、来年5千183メガワットの風力発電容量を備えた世界第10位の風力発電の中基地となる。ブラジレイラは今後風力発電容量を6倍に増強し、2016年までに8088メガワットを達成、世界6位の風力発電都市となることを目指している。

ブラジルの主な電力源は水力発電だが、乾季には発電量が不足する傾向にある。風力発電に適した風が吹く5月から11月に水力発電の使用を控えることにより、より安定した電力供給が可能になるという。

(抜粋、一部編集。小見出しはフランスねこが付けました。)


● 元の記事 「ブラジルでは風が十分な恵みをもたらす」クーリエ・アンテルナショナル(7月26日)

Ramona Ordo¨nez,« Au Brésil, autant en rapporte le vent », Courrier International, n1134, le 26 juillet 2012
http://www.courrierinternational.com/article/2012/07/26/au-bresil-autant-en-rapporte-le-vent
(ブラジル・リオデジャネイロ発行「O Globo」紙記事の仏語要約)

風がもたらしたもの(その1)/クーリエ・アンテルナショナル(7月26日)

もしあなたが「風で生きてゆくなんて不可能だ」と思うなら、その前提自体を考え直してほしい。なぜなら、それこそがまさに干ばつ被害で知られるブラジル北東部の寒村セルタオ・ダ・バヒア村(注1)に住む300世帯の家庭に起きつつあることだからだ。

カエティテの町(注2)に住むテレジンハ・マリア・ロシャ・パエスは飼料用のサボテンとイネを畜産農家に売り年に6百~千レアル(約2万3千円~3万8千円)を稼いで生活してきた。しかし風力発電所の建設事業に土地を貸すことになってからは、テレジンハは年5千5百レアル(約21万円)の収入と家具付きの3LDKの家を得ることができるようになった。今日、テレジンハは夫と2人の子ども、そして実母とともに風車の近くにある家に住んでいる。

「神の恵みです。」

テレジンハは言う。


●風力発電が変えたもの

レノバ・エネルジーア社(ブラジルの主要電力会社CEMIGの子会社)は、この地域に184台の風車を備えた14の風力発電所からなるラテンアメリカ最大の風力発電施設を建設した。設備の発電容量は294メガワットで、54万世帯(人口およそ150万人に相当)に十分な電力を供給できる。同社はこの事業に12億レアル(約460億万円)を投じた。発電施設の敷地に住んでいる13万5千人の人々は極度の貧困に喘いでいたが、この事業によって収入の向上をはかることができた。キャッサバ(芋の一種。注3)やトマトや飼料用作物を作って自給自足農業で生活していた貧しい人々の生活に大きな変化がもたらされたのである。

レノバ社がやって来た時、多くの住民達はこれ見よがしに話を疑い、土地を貸そうとはしなかった。そのために同社は事業計画を見直さざるを得なくなり、いくつかの風車についてはその設置場所を変更することを強いられた。しかしテレジンハによれば、当時風力発電計画に反対した人々は今日後悔している。

ジェズリーノ・バルボーサ・ネトは今も妻とともにキャッサバを植え、収穫後はこれを牛車に載せて町まで運び、売ることで生計を立てている。ジェズリーノの年収は400レアル(約1万5千円)を超えることは無い。しかし風力発電所に土地を貸し、賃料を得ることができるようになったおかげで、8人いる子どもたちのうちの1人をサルバドールの医学部に送ることができた、と農夫は得意げに語った。

「私は恐れずに土地を貸しました。そして私の収入は大きく増大したのです。私にとって風力発電は魔法のようなものです。」

(続く)

(抜粋、一部編集。小見出しはフランスねこが付けました。)

(注1)セルタオ・ダ・バヒア村はブラジル北東部の村。主な産業は、牧畜と農業。村の様子(画像):
http://www.google.co.jp/search?q=Sertao+da+Bahia&hl=ja&client=safari&rls=en&prmd=imvns&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=2MgbUOEBo9eYBb-cgaAD&ved=0CE0QsAQ&biw=1277&bih=636 

(注2)カエティテは人口4万7千人の町。町の様子(画像):
http://www.google.co.jp/search?q=Caetité&hl=ja&client=safari&rls=en&prmd=imvns&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=GsobUL6XCOr6mAWqnICAAg&ved=0CDoQsAQ&biw=1277&bih=636

(注3)キャッサバ
http://ja.wikipedia.org/wiki/キャッサバ 

●元の記事 「ブラジルでは風が十分な恵みをもたらす」クーリエ・アンテルナショナル(7月26日)

Ramona Ordo¨nez,« Au Brésil, autant en rapporte le vent », Courrier International, n1134, le 26 juillet 2012
http://www.courrierinternational.com/article/2012/07/26/au-bresil-autant-en-rapporte-le-vent(ブラジル・リオデジャネイロ発行「O Globo」紙記事の仏語要約)

2012年6月 1日 (金)

ドイツ、原発20基分を太陽光で発電:世界記録を更新!/アクチュアリテ・オンヴィロンモン(5月28日)

ドイツは先週の金曜日から土曜日にかけて毎時22ギガワットを発電、太陽光による時間当たりの発電量で世界記録を更新した。毎時22ギガワットは20基の原発をフル稼働させた場合の発電量に相当する。ドイツでは土曜日に工場やオフィスが閉まることから、先週土曜日には国内で消費される電力の約半分を太陽光発電でまかなうことができた。ドイツにおける太陽光発電の能力は、世界中の太陽光発電設備の容量を合わせた量に相当する。

ドイツ政府は1年前に発生した福島原発事故の後、原子力の利用を廃止することを決定した。以来、8基の原発が閉鎖され、現在まだ稼働している9基についても2022年までに閉鎖することが決まっている。閉鎖予定の原発による発電量は、風力、太陽光、バイオマスなどによる再生可能エネルギーでまかなわれる予定。ドイツはすでに電力の約20%を再生可能エネルギーで発電している。

「再生可能エネルギーは不安定で大多数の先進国が必要とする電力をまかなえない」との批判も一部にある。しかしアンゲラ・メルケル独首相は、「ドイツは、先進国が再生可能エネルギーによる発電でやってゆくことが可能であることを証明したい」と宣言した。政府による代替エネルギーの利用促進政策により、ドイツはこの分野で世界を牽引するリーダーとなっている。

(抜粋、一部編集)

(« L’Allemagne bat un record de production d’énergie solaire », Actualité Environnement, 2012.05.28)
http://www.actualites-news-environnement.com/28470-Allemagne-energie-solaire.html

より以前の記事一覧