無料ブログはココログ

避難

2015年3月12日 (木)

戻らない故郷、福島―原発避難民の苦しみ続く/BBCグローバル・ニュース(3月11日15時)

3月11日午後14時46分。4年前未曾有の地震と津波が日本列島襲ったこの日、全国で数分間の黙祷が捧げられた。東北大震災で無くなった人の数は1万6千人にのぼる。

他方、家を失った人々のための住宅建設は遅々として進んでいない。何万人もの人が今も仮設住宅に住み続けなければならない現実がある。福島第一原発の周辺地域から避難した人々は、今も自宅に帰れる見込みが立っていない。BBCの特派員が現場を取材した。


●仮設住宅

(大音響で水前寺清子の「三百六十五歩のマーチ」が流れている)
「幸せは歩いて来ない だから歩いて行くんだね。。」
https://www.youtube.com/watch?v=1Skn0HuLkfs 

6時半、雨の降る寒い朝。福島市郊外の駐車場ではダウンジャケットと毛糸の帽子をかぶった老人たちが朝の体操を行っている。

「人生はワンツーパンチ。。」

絶え間なく流れる陽気な音楽とは裏腹に、人々のムードは暗く沈んだままだ。彼らは皆、「原発難民」だ。

「寒い。」

体操が終わるや否や、飯舘村から避難している60歳の安斎徹(あんざい とおる)は急いで部屋が二つあるだけの仮設住宅の部屋へと急いだ。

<安斎さんの写真展>
http://ameblo.jp/fukushima-yamaguchi/entry-11882498710.html


安斎氏は2011年3月の原発事故以来この仮設住宅で暮らしている。中は暖かくて居心地が良い。しかし自らの家を失ったという事実は安斎氏に大きな代償を強いて来た。

「事故前は、医者いらず薬いらずで暮らしていました。」

しかし原発事故の後、安斎氏はストレスのために心筋梗塞に見舞われた。

「今もあまりのストレスで、時々食べることすらできなくなるんです。これから先どうなるか、全く分からないからです。いつ家に帰れるのかも分かりません。」


●300年の家業と

福島市から車で2時間の距離にある福島第一原発の事故処理現場は巨大な建設現場と化していた。何千人もの作業員が全身を防護服と呼吸用マスクに包んで24時間休み無く働いている。破壊された原発の残骸は今も非常に高い量の放射線を発し続けており、事故処理は早くても数十年先のことになる。

第一号機の近くで記者がガイガーカウンターを掲げると、すぐに警告音の「ピー」という音が鳴り響いた。毎時100ミリシーベルト。特派員記者は安全の観点からこの場所に20分以上立っている事はできない。

原発から約5キロ先には過去300年、16世代にわたり大堀相馬焼きの生産を続けて来た滋賀喜宏(しが よしひろ)の家があった。

http://www.miru.co.jp/14/075.html

村は完全に打ち捨てられ、滋賀氏の家の庭は2メートルもの草が茂る「ホットスポット」となっていた。

ガイガーカウンターをかざすと針が振り切れて「ピー」という音が鳴る。陶器製作所の裏手には今も震災の瓦礫が置かれたままだ。誰もいつ瓦礫の処理がなされるのか検討もつかない。滋賀氏は郡山市に移り新しい土地で陶器の生産を続けることを決めた。

「あんなことが起きて。。 原発事故などで300年続いた家業を途絶えさせることはできません。」

志賀氏はこう語る。

「東京電力についてどう思いますか」

記者が訪ねると、

「聞きたくない社名です。」

志賀氏は引きつった顔で答え、長い間黙っていた。

「くやしいです。」

長い沈黙の後、志賀氏はこう答えた。

日本政府は福島原発事故の処理はやがて終わり住民たちは皆家に帰れる日が来ると主張してきた。今日、その言葉を信じる者は誰もいない。

(一部編集)

● BBCグローバル・ニュース(3月11日15時。20分〜26分までの間に当記事が放送されています)
http://www.bbc.co.uk/podcasts/series/globalnews/all

2012年7月 3日 (火)

本の御紹介 『原発難民日記 怒りの大地から』/秋山豊寛

1990年、日本人初の宇宙飛行士として宇宙に旅立った秋山豊寛(とよひろ)さん(69歳、注1)。その後TBSでの記者としての仕事を引退され、福島原発から32キロの距離にある田村市滝根町(注2)にて有機農業による椎茸作りに取り組みつつ、自給自足の生活を送っていらっしゃいました。しかし昨年3月に起きた原発事故の後、秋山さんは長年住んだ家と畑を後にし、友人のつてを頼りながら日本各地を点々とせざるを得なくなりました。そして最後にはライフワークだった椎茸栽培をも諦めることを強いられたのでした。そんな秋山さんの手記を、ここに御紹介しておきます。

原発と生きるとは、どんなことなのか。

「福島から離れるほど、福島の人たちの気持ちが分らなくなるのです。」

そうおっしゃった農家の方がいらっしゃいました。一人一人の声に、耳をすまさなければならないと思います。御関心のある方は、ぜひ書店や図書館で実際に本を手に取ってみてください。

『原発難民日記 怒りの大地から』秋山豊寛(とよひろ)、2011年、岩波書店(560円+税)(本の詳しい解説はこちら:
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/2708250/top.html 岩波書店HP)  

(以下、心に残った部分の引用です。)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●原発事故発生-3月17日、郡山から南へ避難する国道四号線の渋滞の中で

「小奇麗な車が多い。それでも、たとえとしては正確ではないのだが、この時、何となくジョン・スタインベックの『怒りの葡萄』を想い浮かべていた。
 暴力的な『近代』アメリカの資本主義が小作農民を、その生まれ育った大地から追い立てる状況は、『原発』という『近代の暴力』によって、普通の暮らしをしていた阿武隈の中山間地の人々が、そして私のような零細農民が追い立てられる状況と、構造として無縁ではない感じがしたからだ。」(p.23)


●3月23日、辿り着いた避難先の群馬県の友人宅で

「浦部さんがハウスで働いているのを見ていると、改めて暮らしの基盤を失った哀しさがわいてくる。やはり、土に触れないと落ち着かない。」(p.27)

プルトニウムやストロンチウムが飛散している状況を知らせない政府の対応への疑念が記されている。(p.44)


●6月1日、「農家にはなぜ『休業補償』がないのだろう」

「私も、たった15年だが、農家の暮らしをしてきたせいか、身体が季節に反応するようになった。春になると、特に朝から晴れた日など、家や建物の中にじっとしてはいられない気になる。疎開先で野良仕事ができることは、何ともありがたく嬉しいことだ。」
「時々、田圃のまわりの草刈りなどの手伝いをさせてもらうくらいしか、野良仕事はしていないのだが、この作業は、いろいろ考えごとをするには良い時間になる。何を考えるのかというと、やはり在所の田畑のこと。阿武隈の春から夏にかけての風景。畦畔の草は、どうなっているのか。昨年の秋に植えた露地タマネギは、放射線を浴びながらも、汚染されながらも、ちゃんと育っているのか、そんなことが気になる。そして、これからどうすれば良いのかを想い、切なくなる。タマネギ畑のイヌフグリの青い花やハコベの白い花やナナホシテントウ。アゲハチョウの飛ぶ様子も目に浮かぶ。」(p.48-49)


●一時帰宅。農協で補償についてきく

「私の場合は、椎茸を含め、育てた野菜を農協経由で出荷しているわけではないために、東京電力と交渉するなら個人的にやるほかないとも言われた。農協に入っていても『出荷しない限り補償はもらえない』そうだ。稲にしろ、育てない限り補償はされない、ということだ。町内に残っている農家の人々は、放射性物質があっても『ただちに健康に影響するわけではない』という国の方針のもと、内部被曝の可能性に不安を抱きながらも、野良仕事をしなければならない。万一、内部被曝した場合については、政府は裁判で決着しろというのだろう。
 漁業関係では『休業補償』がある。農家の場合、育てない限り、何の補償もないのは納得しがたいというところだ。」(p.50)


●6月20日、モスクワの病院内で出会った放射線の専門家らしき人から受けた忠告

「第一は、内部被曝にかかわる点。『水』には充分注意すること、というもの。食物については、肉、牛乳、野菜、魚が汚染されているかどうか、産地を選べるが、水はどうしても地元の水を飲まざるを得ない。(略)
 もう一つは、甲状腺への影響。若い人だけでなく年配の人も影響を受けるのだから、これも『年を取っているから気にしない』などと思わないように。
 そして最後に、放射線の『許容量などない』という点。怖いのは染色体のDNAへの影響。『特に妊婦は影響を受けやすい』と言う。」(p.56)


●9月28日、友人がワイン用の有機葡萄の買い取りを拒否された話を聞く

「醸造工場が断って来た理由は『原発から三十数キロの地域で育ったブドウからは放射能が出る恐れがある』というものだ。滝根行政局の担当者のほうでも『事故原発から三十数キロメートルのブドウ畑でできたワインを買う人などいないでしょう』というのだそうだ。
 行政担当者のこうした姿勢について、正倫さんは『町内の放射線量をちょちょっと調べて、もう畑で作業しても大丈夫と言っておいて、いざ、ブドウができたら、売れっこないからと言う』のはひどすぎると怒る。」(p.76)

この他、なぜキノコ類から高い濃度の放射能汚染が検出されるのか、についても椎茸農家の視点から詳しく語られています。


(注1) 秋山さんは現在、関西に避難され、京都の大学で教鞭を取っておられるとのことです。6月14日の「たね撒きジャーナル」でもご自身の状況を語っていらっしゃいます。 
http://www.youtube.com/watch?v=0YxQf4-5otA 
(奥田さん、情報の御提供をありがとうございました。)

(注2)故郷、滝根町の様子 http://abukumado.jp/(滝根町観光協会のHPから)